【シングル】レッカモロバレル軸催眠サイクル(S11両ロム2100達成・S12 2100達成)

2 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構築の素案は私。使用者はS11ういんぐさん(泡吐くレート考察)
S12ちちゃまきさん(時間泥棒)
バレルゲンガー


◎PT構築の流れ
ダブルトリプルで非常に評価されているモロバレルをシングルでも使えないかと考えて構築を組んだ。
以前ゲッコウガ+バシャーモの攻めの範囲が非常に優秀だと感じ、PTを組んだが後出し性能のないこいつらでサイクルを回すのは難しく感じ、なんらかのクッションの必要性を感じた。(脱出バレルでもいいとは思う)
モロバレルは流行りのガブガルボルトスイクンに一定の役割があり、後攻キノコの胞子により簡単には出せない裏のポケモンの後出しが非常に楽になることから最初はバレルゲッコウガで組んだ。しかし私がゲッコウガの扱い方があまり上手くなかったので即解散。代わりに眠り状態と非常に相性のいい祟り目ゲンガーを採用した。
モロバレルだけでは現状の物理環境生きてはいけないのでゴツメカバルドンの採用。
ゲッコウガやバシャーモといったガブガルの上を取れて処理しやすい枠としてCS珠化身ボルトロスを採用。
ここまででカバボルトゲンガーという以前流行っていた基本選出も可能となる。
残り二枠に関しては非常に苦労したが、炎,竜の一貫を切るマリルリの採用。
対炎に少しでも隙を見せず、ゲンガーが出せない時のメガ枠としてメガリザードンXを採用した。

◎各個体について
バレル
モロバレル
今回の軸。調整はHDを珠ゲッコウガの冷凍ビーム耐え、残りをBに。
Sの低さによる後攻胞子により1ターンの眠り確定ターンを得ることができるのが最も優秀。(零度をかわすくらいの確率でもう一ターン積む時間も稼げる)
レッドカードを持つことで相手の草タイプ(メガバナやガッサ)に対してもキノコの胞子が安定行動になる。また、相手の自慢の状態異常対策のラムの実や身代わり持ちが突っ張ってきてもほぼ確定で後続のポケモンを眠らすことができる。出てくるポケモンはランダムではあるが、相手の勝ち筋を大きく妨害できる他、3体目の選出予想が非常に容易となる。
積み技持ちのポケモンで抜きを狙うときは相手の3体がわかっていないとどの積みポケモンから入るか、積むのか積まないのかといった要素が不安定になるがそういった部分を解消できる点にはシナジーを感じた。
また初手でゲッコウガなどゲンガーより速い相手をレッドカードで引っ込めさせて、安定してメガ進化してから相手できる点は相性が良い。
反面補助技読み以外での後出しが難しい点や一撃で落とされるとレッドカードが発動しない点がデメリットだろうか。
技構成はキノコの胞子/ギガドレイン/クリアスモッグ/イカサマとしたが対ボルトへの遂行速度の観点からクリアスモッグはヘドロ爆弾のほうがよいかもしれない。
この型が強い例としては、初手バレルバナ対面で向こうがヘドロ爆弾を選択し、レッカ発動→キノコの胞子で後続が眠る
ここで寝てる相手のポケモンにもバナにも対面で強い(例えばガルーラ)を後出しすることで(バレルは再生力で回復)非常に有利に戦いを進められる。こういった流れだろうか。
このポケモン自体の弱さは対炎に尽きるだろう。バシャーモ、リザードン、ファイアローといったポケモンと後出しのサイクルを考えていただければわかると思うが、非常に厳しい。これらへの上手い解答を用意できない限り選出択となることが多い。

genn.jpg
ゲンガー
今回のエース。
あくび、胞子と相性のいい身代わり、状態異常とコンボの祟り目、命中安定のタイプ一致のヘドロ爆弾を採用して最後に催眠術を添えた。
消耗を少なくしてサイクルを回すにはもってこいのポケモンでモロバレルにベストマッチだと思う。
催眠術が勝利に結びついた試合は残念ながらなかったが(勝負所に撃った3回の催眠術の命中率は0%だった)6割の誤魔化し性能はある程度評価できるため採用してもよいと思っている。
ちちゃまきさんは宗教上の理由で催眠術を採用できず、気合玉を採用していた。

かば
カバルドン
HBベースのあくび/ステルスロック/怠ける/地震としたが、PT使用者によって型も技構成も変えていた。
いわゆるカバルドン展開の部類に入る。HBとHDどちらでもよいが私個人的にはHBをサイクルを意識して採用したいと思っている。ういんぐさんはHDベースの怠けるを切った個体を採用しており(ステロ/あくび/吹き飛ばし/かみくだく)
ステロあくびの強さは今さら説明するまでもない。ふきとばしを採用しないと身代わりに弱いのが難点。
ちちゃまきさんはHDベースで技構成は(ステロ/あくび/吹き飛ばし/地震)

ボルトロス
ボルトロス
エース2。HDなども流行っているがCS珠が弱いなんてことはなかった。HS悪巧みオボンでもこの構築にはあっていると感じる。(電磁波は最悪切ってもいい)相手のガブガルに上から仕事をする枠。

mariruri.jpg
マリルリ
エース?3前述のとおり炎と竜の一貫を切るために採用。後攻胞子からのヤンキーはらだいこも7割近い確率で通るのは非常に強いと言える。マリルリ自体タイプ以外では個人的にあまり評価していないためこの枠をパルシェンにしたりすることなども考えた。


リザ
リザードン
エース4。炎に隙を見せない、相手のゲンガーに強い積みエース枠。メガゲンガーと違い先制技が通りやすいことや、フレアドライブによる反動により消耗が激しいことで、リザ―ドンカババレルといった選出がしづらい(リザが落ちた瞬間にほぼ負ける)
相手にすると嫌なポケモンだが、この消耗の激しさがあまり評価できていない。メガ枠以外だと珠カイリューなどの採用も考えたが、カババレルと氷弱点が被るのは避けたかった。
竜舞型もニトチャ型も一長一短でどちらがいいとは言えない。
ちちゃまきさんはHSベースの(竜舞/羽休め/フレアドライブ/逆鱗)型を採用していた。

◎総評
結局現状、炎を受けられないことがPTの欠陥に繋がっている。
先発でバレルと向こうの炎タイプや(ヒトムくらいならまだかわいいものだが)メガボーマンダといったポケモンが出くわした時にどんな面子を揃えてもサイクル有利にもっていかれてしまうと感じたので選出しづらいのが最も弱い。
炎タイプを選出されても先発で出くわさなければ5分以上、選出されなければ7,8割方有利な試合展開を行える。
トノスターとガブガルを並べたPT、ボルトゴーリメタモンとガブガル並べたPT、レパルガッサとバンドリマンダを並べたPTと同じような選出択に落ち着いてしまうのが詰まるところの欠点だろう。これを改善するにはバレルを抜くか、より対応範囲の広い残りの補完の枠を考えるしかない。レッドカード型の欠点と利点を身に染みて感じた。

◎オマケ
僕がレッカバレル面白いからと言って紹介したのに絶対弱いからと言って耳を貸してくれなかったういんぐさんがSDでの動きを見て考え直してくれて一応使ってくれたのはありがたかったです。バレルゲンガーカバボルトからの残りの枠は非常に難しかったのですが、一緒に考えてくださり、ありがとうございました。
他にバレルゲンガーを組んで回していただいたしきっさんが先程述べた欠陥を意識してか、マイナーポケモンを中心に組んで周りを考えてマイナーポケモンを抜いたら完成よろしく、最終的にバレルを抜いてたのを見て少し悲しくなりましたが、回してくださりありがとうございました。
S12でもちちゃまきさんに構築を丸投げしましたが、色々改良を重ねてくれて2147に載せてくれました、この場を使って感謝を。
小話としてこの並びをPCLの全国リーグ予選で使用し、結果は2-1でした。
ポケモン自体としては面白いと思うので興味を持った方がいましたら使ってみてください。駄文にお付き合いいただきありがとうございました。
ページトップ